慢性的な頭痛がヘッドマッサージで楽に

   

慢性的な頭痛に悩まされている日本人は、3人から4人に1人もいるというデータが出ています。慢性的な頭痛を放置していると、仕事に支障をきたしたり、何をしていても頭痛に気を取られて集中力がダウンしてしまったりと、日常生活に悪影響を及ぼします。
あなたが慢性的な頭痛を抱えているなら、まずは医師に相談することが先決ですが、医師の許可が出るならヘッドマッサージを取りれてみましょう。ヘッドマッサージで頭痛が改善したという方もいますので、試してみる価値はあるでしょう。

頭痛の主な3つのタイプとその原因

日本人の頭痛のほとんどは、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛の3つタイプに分類されるといいます。それぞれの症状と原因をご紹介しますので、自分に当てはまる頭痛のタイプを見つけてみてください。
緊張型頭痛は、頭の周りが締め付けられるような鈍い痛みが特徴です。年齢や性別に関係なく起こります。緊張型頭痛が起こる一番の原因は、頭から背中にかけての筋肉の緊張です。悪い姿勢や精神的なストレスからも起こります。
片頭痛は、20代から40代の女性に最も多く、頭の片側、もしくは両側がズキズキ痛むのが特徴です。痛み以外にも、光や音、匂いなどに敏感になったり、吐き気が出たりすることもあります。片頭痛は、大きなストレスから解放されたときに起きやすいといわれています。原因は様々で、寝過ぎや寝不足、疲労だけでなく、女性ホルモンの分泌量の変化や気候や気圧の急激な変化などがあります。
群発頭痛は、かつては20代から30代の男性に多いといわれていましたが、最近では女性にも増えてきています。季節の変わり目に、1カ月から2カ月くらいの期間に群発的に起こります。片方の目の奥をえぐられるような痛みが特徴です。群発頭痛は、内頚動脈が広がり、その周辺に炎症が起きたことが原因で発生します。飲酒、喫煙、気圧の変化、ストレスなどがトリガーとなって起こることもあります。

自分の頭痛の原因を突き止めて対策をしよう

3つの頭痛のタイプのうち、当てはまるものがあれば、その原因となる生活習慣を改めることで、症状はある程度改善できる可能性があります。ただ、気候や気圧の変化が原因で症状が出ている場合、すぐに改善することが難しいかもしれません。医師やヘッドマッサージのセラピストに相談しながら、慢性的な頭痛に根気よく向き合っていくことが大切です。