目の疲れ、眼精疲労対策にはヘッドマッサージを取り入れよう

   

現代では、パソコンやスマートフォンなどのディスプレイを見続けることで目を酷使してしまっている人が多く、目元のトラブルを抱えている人も増えています。サロンでヘッドマッサージを受ける人の中には、実は目の疲れや眼精疲労を改善する目的で通っているケースが多いようです。
施術を受けると、頭全体がスッキリするとともに、目元も爽快感が感じられ、リフレッシュした感覚になります。この感覚が病みつきになり、定期的に通い続けている人もいるほどです。

パソコンの長時間使用で起こる眼精疲労

仕事柄、一日中パソコンでの作業をするという人も少なくないでしょう。パソコンの使用による眼精疲労の原因には、筋肉の緊張、ブルーライト、ドライアイが挙げられます。
筋肉の緊張は、目の周りの筋肉が長時間にわたるパソコンの使用で酷使されることで起こります。筋肉の緊張状態が続いて疲労しピントを合わせる機能が低下し、眼精疲労につながります。
ブルーライトとは、パソコンのディスプレイから発せられるエネルギーの強い光のことです。このブルーライトを長時間浴び続けると、目への負担が大きくなり、眼精疲労の原因となります。
パソコンを使用する際には画面を凝視することから、瞬きが少なくなります。その影響で目が乾燥してドライアイになりやすくなり、眼精疲労を引き起こします。暖房器具やコンタクトレンズの使用も、ドライアイの一因となります。
時々パソコンの画面から視線を外したり、仕事の休憩時間や帰宅してからの時間はできるだけパソコンを見ないようにしたりと目を休める工夫をするとともに、ヘッドマッサージで眼精疲労を改善しましょう。

目の下のクマや目元のたるみの改善にもヘッドマッサージがおすすめ

女性にとって美容の天敵である目の下のクマも、ヘッドマッサージで改善できたという例があります。血流が滞ったことによってできた目の下のクマは、ヘッドマッサージで解消できる可能性が高いです。
また、目元のたるみ対策にもヘッドマッサージが有効です。頭皮と、目元のたるみの原因である顔の皮膚とはつながっているため、ヘッドマッサージで頭皮のむくみを取って頭皮の柔軟性を高め、弾力を取り戻させることで、目元にもハリがよみがえります。
目元のいろいろな悩みを一気に解決してくれるかもしれませんので、これらの症状がある方は専門のサロンで試してみてください。