タバコは有害な嗜好品です。それにはニコチンが含まれていて依存性や中毒性が高い物です。さらに、タバコの葉を燃焼させるときに有害なタールや一酸化炭素などが発生します。喫煙を長い期間続けると、成人病のリスクが高まってしまいます。世の中には様々な禁煙グッズが販売されています。口の寂しさを紛らわすためのパイプやニコチンパッチ、それに禁煙ガムなどです。タバコの依存症に対する特効薬はなく、タバコの代用品を使って少しずつニコチンの摂取量を減らしていくというのが一般的な方法のようです。VAPEは電子タバコです。火を使わないので有害なガスは発生ません。見た目は普通のタバコに似ておりデザイン性が強調されています。ヘビースモーカーの方はVAPEを試してみると良いでしょう。身体的なニコチン依存症に効果はないのですが、疑似的なタバコとして、喫煙している気分になりニコチンに対する精神的な依存を解消することができます。

VAPEは禁煙補助用品として利用できる

VAPEは日本で電子タバコと呼ばれている疑似的な喫煙用品です。薬事法により日本ではニコチン入りのフレーバーリキッドが販売されていないので、安心して電子タバコを吸うことができます。ヘビースモーカーの方が禁煙するのは大変です。長年吸い続けてきたタバコを一切吸わないように決断するのは並大抵のことではありません。タバコに含まれているニコチンは依存症、中毒症が強いからです。普通のタバコと比べて電子タバコは有害成分が極めて低いという報告があります。タバコの代わりとしてVAPEを使えば、タバコを吸いたいという気を紛らわせることができるため、喫煙の量を激減させることができるでしょう。海外では電子タバコの爆煙というものが流行っているようです。これはアトマイザーを強烈に加熱して発生する蒸気をたくさん出すという方法です。リキッドを加熱しすぎると有害なホルムアルデヒドが発生する可能性がありますので、控えた方が良いでしょう。

MODでVAPEをカスタマイズ

VAPEとは日本で電子タバコと呼ばれている、火を使わない疑似的なタバコです。形は普通のタバコよりも大きな物で、アトマイザーとリキッド、充電電池で構成されています。それは葉巻型やパイプ型など様々なデザインの物が販売されています。初めて使う人はスターターキットを買うと良いでしょう。それにはアトマイザーやフレーバリキッドなど、電子タバコを吸うための一式がそろっているからです。電子タバコのマニアの方にはMODという物が売られています。それはタバコの箱よりも少し小さな形をしていて、気化するための電圧などを自由に設定して、自分の好みの蒸気を発生させるという物です。普通、VAPEはデザインを強調していますが、MODは無骨な箱型をしていて、ただ電子タバコをカスタマイズして吸うことができれば良いというコンセプトです。