昔からタバコを吸い続けてきた人は、いきなり禁煙するのは精神的に厳しいものがあるでしょう。ヘビースモーカーの人にとって禁煙は必要なことだと感じていても、すぐにやめることはできないでいるようです。タバコは有害です。高血圧などの病気で医者に行くと、必ずと言っていいほど禁煙を勧められます。長くタバコを吸い続けると肺ガンや心筋梗塞になる確率が非常に高くなると言われているからです。VAPEは電子タバコで、タバコの葉を使わずに、香料の入ったリキッドカートリッジを熱して蒸気発生させ、それを吸いこむ物です。日本ではニコチン入りの電子タバコは薬事法で禁止されているので、禁煙の補助用品をして使うことができます。電子タバコはニコチンだけでなく、タバコの葉を燃やすことにより発生する有害なタールや一酸化炭素の心配もありません。また発生するのは香味が含まれている蒸気だけなので、ヤニによって部屋を汚すことがありません。

趣味としての電子タバコVAPE

VAPEは火を使わずに疑似的な喫煙を楽しむことができる電子タバコです。香料を含んだ交換式のリキッドカートリッジとリキッドを気化するアトマイザー、それにコイルを加熱するための充電式のバッテリーによって構成されています。バッテリーは通常、USB端子から充電します。パソコンのUSB端子やスマートフォンのUSB充電アダプターによって簡単に充電することができます。VAPEは、スイッチを押すとコイルが加熱されてリキッドが気化する物と、水口を吸いこむと流体スイッチが入って自動的に加熱する物があります。電子タバコを吸うと先端の赤いLEDが光って、実際にタバコを吸っているように見えます。葉巻型やパイプ型など、ファッション性を重視ている物がほとんどなので、禁煙のために補助用として使うというよりは、趣味として集めていることが多くなってきました。

タバコの代わりにVAPE

タバコを吸う方には肩身の狭い社会になってきました。いたる場所で禁煙の文字が目に付きます。喫煙がやめられない方にVAPEをお勧めします。VAPEとは火を使わないタバコのことで日本では電子タバコと呼ばれています。普通のタバコと同じような形をしていますが、それよりも少し大きくてデザイン性が強調されています。香りを発生させるフレーバーリキッドとリキッドを気化させるアトマイザー、それにUSB端子から充電できる二次電池によって構成されています。リキッドはカートリッジ式もありますが、今はリキッドをアトマイザーに充てんして溜めておく方式が主流です。形は葉巻型やパイプ型などファッション性を重視しています。日本では薬事法によってニコチンの入ったリキッドは発売されていないので、タバコの代用品として使えば、禁煙を補助することができます。VAPEにはニコチン依存症を治療する効果はないのですが、禁煙しているときの口の寂しさを紛らわすことができるので、結果的にタバコへの精神的依存を解消することができます。